*とっとちゃんの里親募集詳細はこちら* リンクについてはこちら*

2007年10月03日

新しいおうち、本物の家族♪

とっとです。

はい、サカナですよー。
 ↑出発前に、ベランダでとれたキャットニップサカナを
  プレゼント。オオヨロコビなのでした*^-^*

散々アノヒトに、とっとの「これから」のために
今日はちょっと怖いことあるかもぉ、でもシュジュツより
怖くないカモだし、全然痛いことはないからがんばろうね〜
って言われてたんだけど。

ハトヤ状態^^;

いつものようにおいしくごはんを食べて、
いっぱいバードで遊んで、ねずみでも遊んで、
そんでウレシイプレゼントもらって。

たまらんわ〜

とっとは、「これから」に向かって出発したの!
怖かったけど・・・
「これから」のはじまりに着いたら、これがそうか〜、ってわかった。
とっとは、新しい名前になって
ホンモノの家族と、家族になって
念願の・・・お猫入り。
イエネコになりました♪

カプ^o^/

皆さん、応援ありがとう。

メダマ〜。

とっとの「これから」は、
アノヒトの友達のとらちゃんによって見出されて、
とっとが心から望んでいたもの。
上のお部屋に住んでるエライ監督さんが許してくれてできたこと。
そして、ホンモノの家族の前の猫さん
「とらちゃん」が呼び寄せてくれた、
それがとっとの「これから」なんだって〜。
あたし、もう既に幸せよ〜。

スキ〜

任務完了@世話人です。
10月2日、無事に里親さまにとっとちゃんを託すことができました。

まずは最初の乗り物、バスの予定だったのですが
作業員が監督をまいた上で軽トラックを借りてくれ
駅までgo。とりあえずバスに乗らずに済みました。
そして、いや〜、はじめての電車。
特急に乗ったとき、
「あー、しくったかなー、
ハードキャリーにしといたほうが良かったかなー」
って思うほどとっとちゃん、アバレました^o^;
みいしゃさんにいただいていたアドバイスを実行し
安全ではあったのですが、それでもやっぱり、
ちょっとドギマギ。
特急電車がこんなに遅く感じるとは〜。
と、こんなにうるさかったべかレッドアロー^o^;
猫さんと一緒でなきゃ寝てしまうから、気付いてないんですねー。
いやはや。

そして、山手線に乗り換え。
案外アバレず。
ずーっとバッグを首からかけてお弁当屋さんスタイルでいたのが
ちょっとは良かったのか?
両手で彼女を抱えて、なるべく揺れないように
大事に大事に移動。山手線ではバッグの網目から窓の外を見せながら。
でも特急乗ってたときのようにアバレることもなく。
目的駅に到着すると、里親さまとお嬢さんがお出迎えしてくださり。
無事、おうちに到着〜。

やっぱりちょっととっとちゃん、道中怖かったのだけど
おうちについてすぐ、バッグから出したら
ズンズンズンと、おうちの中を探索、探検。

探索

ひととおりチェックしたら、人間用のベッドの下で眠っていたよう。
その間に、世話人は先の猫さんへのご挨拶もして、
里親さまとお嬢さんと、たくさんおしゃべり。
えーと、食べ物のことやらお鍋のことやら地域の猫さんのこと、
そしてハムスターのビックリオヤツのこと、などなどなど。
もちろん、先の猫さんのこと、とっとちゃんのこと。
はい・・・長居してしまいました^o^;
里親さま、ケーキご馳走さまでした。
卵たっぷりのおいしいケーキでした♪

探検

とっとちゃん、時折出てきて
カーテンをチェックしたりもしていましたが、
終始、世話人のところに来ることもなく、おうちに着いてすぐに
「これから」ってここではじまるのね〜。
ってことが、しっかりわかっている様子でした。
世話人、それを見て確認して
更にまた、安心感が増したのでした。
この場所でどう振舞うか、見極めているような感じ。
ベッドの下に入ったけれど、人から逃げるってこともなくって
これならすぐに慣れるだろうな、と思ったし。

状況把握〜。

今日はお兄ちゃんもおうちにいてくださって、
ナント世話人、ご家族全員にご挨拶できちゃいました^o^
お嬢さんはおっとりのんびり、お兄ちゃんは物静かで考え深そうな
いずれもとっとちゃんの嫌がることは絶対にしない方たちで。
猫が自分から寄ってくるまで待ってくれる方たちで。
里親さまは、おうちにいらっしゃると
先日お見合いでお会いしたときよりも、更に優しい雰囲気で^-^
あああ〜。
世話人、安心しまくりで。

おいとま間際に、つい・・・
不覚にも、チョト涙が出てしまいました。
予想してなかったので、自分でビックリ〜^o^;
安心しちゃって嬉しくて、里親さまとの出会いが有難くて。
でもってなんでかわからないけど突然イロイロ思い出しちゃって。
悲しいとか寂しいじゃないのに・・・
里親さま、すみませんでしたー。
てへ。

先の猫さん、とっとちゃんに少しお顔が似ているとらちゃんに
たくさんたくさん、とっとちゃんのことお願いしてきました。
とらちゃんが呼んでくれた子でもあると思うので、
とらちゃんいろいろしてくれると思うんだけど*^-^*

そして、とっとちゃんの、あたたかなお膝。
里親さまは、実はブログのオーナーさんです^-^
猫だけブログではないから、彼女の話題だけではないけれど
考えさせられることや、ナルホドーと思うこと
うんうん、と頷いてしまうことがとっても多い
じっくり読みたくなっちゃうブログなんです。
たかむらの茶の間をごらんいただければ
とっとちゃんの「これから」がこの先も見ていただけます*^-^*
彼女にぴったりな、新しい名前もいただいています^o^/
この先は、新しい名前で幸せに暮らします。

このブログを読んでくださった方
コメントくださった方
応援してくださった方
お問い合わせをくださった方
ウチのとらちゃんに、監督に、里親さまのとらちゃんに。
里親さま、ご家族に。
そして、とっとちゃんに^-^
感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました!!!
posted by ぴか at 00:21| Comment(32) | TrackBack(0) | とっとちゃんの毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

とっとちゃんの里親募集詳細

9/25 里親さまが決まりました。
ありがとうございました。


とっとちゃんの特徴

小柄で、真っ直ぐなシッポの持ち主。
優しい色合いの茶とらの女の子です。
目はぱっちりと、美しいアーモンド形です。
目の周りのラインが瞳の美しさをさらに際立たせ、小さめのお口。
上品な美人です。
体重約4キロ、年齢は1歳未満、避妊手術済みです。
猫エイズ・猫白血病ウイルスは陰性です。
おなかの調子もよく、形の良いうんちをします。
健康で美しい子です。

寂しがり屋で人間のそばにいるのが大好き。
人のそばを離れず、ごはんを持って行っても
甘えてからでないと食べません。
ごはんよりも、人間の膝の上にいることのほうが好き、
投薬や耳掃除、爪きりや歯磨きなども上手にさせてくれる
素直でお利口な子です。
慣れれば問題ないのだろうとは思いますが、現在のところ
他の猫が近づくと怯えます。
人間の、洋服から出ている部分・顔や手、足をたくさん舐めて
信頼と愛情を表現してくれる子です。

ごはんはドライフード・ウエットフードともに上手に食べますが
どちらかというとウエットフードのほうが好きなようです。
トイレは猫トイレで上手に済ませます。
現在埼玉県飯能市にて保護中。

保護・里親募集の経緯

6/28の夕方薄暗い時間帯に、別の茶とら猫と外を散歩していたところ
この子に出会いました。

保護前のとっとちゃん
写真は保護前のものです。


人懐こく足元に寄って来て、お腹がすいているようだったので
ごはんをあげたところすごくたくさん食べてくれました。
しばらく1日おきの同じ時刻に出会った場所で待ち合わせをして
ごはんをあげていましたが、そのうち毎日会えるようになり
家の前で待っていることもあったり、
中に入って食事ができるようにもになっていきました。

保護前のとっとちゃん
写真は保護前のものです。


ごはんを食べた後は膝に乗って気が済むまで甘え、ドアを開けると
出て外に戻って行っていました。
お腹が大きいことに気がついていたので保護して避妊手術を
受けさせなくてはいけないと思っていたところ
7/18、いつものように中でごはんを食べてから
ドアを開けても出て行かなくなりましたので
保護しました。

保護前のとっとちゃん
写真は保護前のものです。


7/20に我が家かかりつけ医にて、避妊堕胎手術をしました。
現在傷の回復中、屋内にて保護中です。

ペタリコ

見れば見るほど人が好きな子であること、この子は膝に乗って
たくさん甘えたい子なのに、私には十分甘えさせてあげることが
できないので、里親さまを募集することにしました。

8/29追記

現在、とにかく膝に来る、膝に乗って離れないということは
なくなっています。
今思えば、不安や寂しさからそうしていたのかもしれません。
保護や避妊手術から時間がある程度経過して落ち着いたこと、
決まってごはんを食べ、たくさん遊んで精神的に落ち着いたことで
べったりでなくなったのだろうと思っています。
時々膝に乗ってくつろぎます。
特に午後は甘えんぼタイムなのか、膝に乗って甘えることも多いです。
遊んで〜と催促します。おもちゃでたくさん遊びます。

ピトリコ

里親さまへの希望

・終生愛情を持って接し、家族として迎えてください。
・完全室内飼いとすること。
・病気になったとき・様子がおかしいときには、
 動物病院・獣医さんによる適切な治療をお願いします。
・お届けいたしますので、近郊の方
 猫にとって過度の負担でない距離の里親さまを希望しています。

応募にあたってのお願い

まずはメールにて、アンケートのご協力をお願いします。
失礼なことを伺うことになってしまうかもしれませんが
どうかご理解いただけますよう、お願いいたします。
このブログ左サイドバーのメール送信フォームから、
メールアドレスとお名前を送信いただけましたら
こちらからアンケートを送信させていただきます。

保護主 ぴか

リンクについて
posted by ぴか at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。